美白,スキンケア

効率的な化粧水ケア その1 化粧水何回肌に付けていますか?

洗顔後の化粧水、何回顔に付けていますか?ピンとこない方は、きっと1回しか肌に付けてないと思います。化粧水は、1度付けるだけでは浸透率が低い事、ご存じでしたか。また、ムラも出来てしまうので、肌にまんべんなく化粧水を付けられていない事が大半です。化粧酢の浸透力を高める為には、2度付けする事が正しい方法と言われています。美肌に力を入れている方は、3度付けしている方もいらっしゃいます。1度しか付けていない化粧水は、化粧水としての意味をなしていない場合が多く、非常にもったいないスキンケアになってしまっています。せっかくの化粧水ケアを効率的に肌に響かせる為には、2度付け3度付けがオススメです。肌にタップリの水分を与える事で、保湿をはじめ美白や敏感肌ケア等、様々なケアに響かせる事が出来ます。保湿は、美肌の基本です。しっかり水分を与えて、もっちもちの健康肌を作りましょう。

効率的な化粧水ケア その2 化粧水の浸透力を高める為の洗顔のポイント

化粧水しっかり浸透させる為には、化粧水を付ける前の洗顔の工程にもポイントがあります。基本の泡洗顔で、肌に余計な摩擦力を与えずにしっかりと洗います。その後、すすぎをしっかりと行いましょう。スキンケアの中でも大事と言われているケアが、洗顔時のすすぎです。肌に洗顔料を残さないよう、しっかりとすすぐ事が美肌作りにはとても大事となります。泡が出ないよう、顔がヌルヌルになっていないよう、しっかりとすすぎましょう。最低30回はすすぐと、肌の上にあった洗顔料が綺麗になくなります。もう1つの大事なケアが、顔に付いた水分をきちんと拭き取る事です。しっかりと水分を拭き取らないうちに化粧水を付けると、成分が薄くなってしまいます。せっかくの素晴らしい化粧水の効能も、役に立たなくなってしまいます。きちんと水分を取り除いてから、化粧水を付けるようにしましょう。

効率的な化粧水ケア その3 化粧水を人肌に温めてから顔に乗せる

化粧水の浸透力を高める為には、冷たいままの状態では浸透しにくく、蒸発してしまいます。化粧水を付ける時は、必ず手の平に置いて人肌に温めてから顔に付けるようにしましょう。この1工程を行うだけで、確実に効果に差が出ます。この原理から考えると、やってはいけないのが化粧水を冷たく冷やして使う事です。夏場など、肌を冷やして引き締めたいという理由で、化粧水を冷蔵庫保管されている方がいらっしゃいます。冷たさでキュッと肌が引き締まって一見良い感じがしますが、肌が引き締まると毛穴も引き締まるので、化粧水等のスキンケアが浸透しません。化粧水は必ず常温保存し、使う前に手の平で温めて使う事がベストです。

効率的な化粧水ケア その4 化粧水は手で顔に乗せる

化粧水を肌に付ける方法として、手で乗せるパターンとコットンで乗せるパターンがあります。肌に化粧水をしっかりと馴染ませる為には、手で化粧水を付ける事をオススメします。理由は、手にはぬくもりがあるからです。温かい手で付ける事で、更に化粧水の浸透力を高める事が出来ます。手で乱暴に肌を扱わず、やさしくハンドプレスするように付けてあげましょう。最後に数秒ハンドプレスをする事で、化粧水の浸透力が格段に上がります。

効率的な化粧水ケア その5 化粧水の重ね付けのポイント

化粧水を重ね付けする時に大事なのが、1回目の化粧水を肌にしっかりと馴染ませてから、次の工程を行う事です。吸い込まれた化粧水状態を確認してから次の化粧水を付けないと、2回付けた分の保湿力や美容効果を損ねてしまいます。肌質等で個人差がありますが、化粧水を付けてから1分ほどインターバルを置いてから、次の化粧水を付けるようにしましょう。更に、化粧水の重ね付けは非常に大事ですが、必要以上に付け過ぎても意味が無くなってしまいます。肌に吸収される水分量は決まっているので、多くても蒸発してしまいます。意味が無くなってしまうので、3度付けまでで止めるようにしましょう。

効率的な化粧水ケア その6 スペシャルケア コットンパック

化粧水を付ける時は手で付ける事をオススメしますが、コットンの用途はスペシャルケアで使いましょう。ローションパックで、肌にタップリの化粧水を与えてあげましょう。コットンに通常使いの化粧水を、タップリと染み込ませます。それを顔に隙間なく乗せて、5分ほど放置します。たったこれだけで、モッチモチの肌を作る事が出来ます。コットンパックに使う化粧水は、どのような物でもOKです。普段使いの化粧水が高価なのでたっぷり使う事が嫌だというのであれば、コットンパックようにプチプラ化粧水を使うようにすると良いでしょう。コットンパックの場合は、化粧水の質ももちろん大事ですが、タップリコットンに含ませる事が前提なので、安価な化粧水でも十分に効果を発揮してくれます 。気になるほうれい線もこの方法で解消できるかもしれません。

おすすめサイト

シミ消しクリームナビ|お肌を黒→白に出来るクリーム紹介